kuraudosisutemu.jpg

iParkのクラウドシステム設計・構築 事例集

iParkでは、豊富なクラウドシステムに対するノウハウと、お客様の業務把握力で、お客様のニーズにマッチしたクラウドシステムの設計・構築を得意としております。

今までに構築したクラウドシステムの主な構築事例とお客様の喜びの声をお聞きください。

営業管理クラウドシステム

サービス業の営業管理は、クラウド化することによって大きなメリットを生みます。外出先から営業日報を入力できたり、過去の商談履歴を参照できることで、営業効率が上がり商談決定率や粗利アップの助けになります。

導入事例

業種:サービス業(事務機器販売業)

導入システム:営業管理ツール クラウドシステム

お客様の悩み事
  • 営業マンの日報が手書きのため、帰社後にパソコンへ入力し2度手間になっている。
  • Excelに日報入力しているため、営業マンが同時に書き込み出来ない。
  • 管理職が外出先から日報を確認したい。
  • 営業マンが、外出先から過去の履歴を確認したい。
  • 日報履歴の検索がしづらい。
  • 情報を共有し検索しやすくすることで、事務員でもお客さんの問い合わせに答えられるようにしたい。

 

【導入クラウドシステム イメージ(簡易設計)】

営業管理.gif

導入後の喜びの声
  • 営業マンが、お客様先を出た直後にiPhoneから日報入力できるようになったため、報告内容の精度があがりました。また、営業マンの残業時間がなくなりました。
  • 管理職が、出張中でも日報を確認できるようになりました。
  • 全社員が閲覧できるため、事務員も過去の日報履歴を見ることで状況が把握でき、お客様の問い合わせに即答できるようになりました。
  • 営業マンが、短期間に行きやすいお客さんに何度も訪問していることが一目でわかるようになり、上司から的確なアドバイスを出せるようになりました。
  • 特定の商品の商談を、各営業マンごとにどのくらい行っているかが分かるようになりました。
  • 営業マンごとの案件の決定率を計算できるので、決定率の低い営業マンに面談の数を増やすようにと、的確な指示を出せるようになった。

営業支援ツール クラウドシステム

営業支援ツールは、クラウド化することによって大きなメリットを生みます。営業ツールをクラウド上で共有することで、営業マンごとの営業スキルのバラツキを補います。

導入事例
業種:製造業(メーカー)

導入システム:営業支援ツール クラウドシステム

お客様の悩み事
  • 納入物件の完成写真を撮っているが、その後の管理がされていないために、必要な時に探し出すことが困難。
  • 営業マンが持ち歩くカタログが重くてかさばる。
  • カタログに最新の納入事例が載っていないため、お客様との商談時に話が出来ない。
  • お客様の条件に合わせた納入事例を、即座に探すことが出来ない(営業マンのスキルに頼っている状態)。
  • 事務員と営業マンとの間で、納入物件の情報が共有できていないため、お客さまからの問い合わせに対して即座にお応えできない。

 

【導入クラウドシステム イメージ(簡易設計)】

営業支援1.gif

導入後の喜びの声
  • 納入物件の写真を、iPhoneやiPadで撮影し、その場でシステムへ登録できるようになったため、案件管理をしやすくなった。
  • 写真だけ撮っておいて、登録し忘れることがなくなった。
  • 営業ツールがiPadでお客様に見せることができるようになったため、余分な資料を持ち歩く必要がなくなりました。
  • 営業ツールがiPadでお客様に見せることができるようになったため、最新の情報をリアルタイムに紹介できるようになりました。
  • 物件の検索機能を充実させたため、お客様の条件に合った物件をすぐに探し出して見せることができるようになりました。
  • 担当営業マンでなくても、お客様の問い合わせに対して的確なアドバイスができるようになりました。

受注管理・生産管理 クラウドサービス@

製造業の生産管理システムをクラウド化すると大きなメリットを生みます。お客様から納期問い合わせをもらったときに、生産進行状況をWebで確認し、即座に納期回答を行うことが出来ます。

導入事例

業種:製造業(ケース製造)

導入システム:受注管理・生産管理 クラウドシステム

お客様の悩み事
  • 製造指示書の印刷枚数が多くて、印刷コストがかさむ。
  • 製造指示書を発行する事務所と製造現場が離れており、1日の中でその間を事務員が往復する時間がバカにならない。
  • お客様の納期問合せを即答できない(その都度、作業現場に確認しているため)。
  • 営業マンが、外出先で受けたお客様からの納期問合せに回答できない。

 

【導入クラウドシステム イメージ(簡易設計)】

生産管理(箱).gif

導入後の喜びの声
  • 製造指示書を、現場でiPadやパソコン上に表示できるようになったため、指示書を印刷するコストが削減できました。
  • iPadやパソコンで生産の進捗を確認できるようになったので、事務員や営業マンが、事務所と工場間を行き来する手間が軽減されました。
  • iPadやパソコンで生産の進捗を確認できるようになったので、外出先でもお客様の納期問い合わせに対して、即答できるようになりました。
  • 工場長が、生産の進捗が順調でない案件をすぐに見つけることができ、的確な指示を出せるようになった

受注管理・生産管理 クラウドシステムA

受注管理および生産工程管理をクラウド化することで大きなメリットを生みます。外出先から生産状況を確認したり、過去の受注条件を確認したりできます。

導入事例

業種:製造業(金属加工業)

導入システム:受注管理・生産管理 クラウドシステム

お客様の悩み事
  • 現状Excelで受注管理のみを行っているが、重複入力が多々あり面倒。
  • Excelで管理しているため、複数人で書き込みが出来なくて不便。
  • 外注に出した製品の納期が管理できていない。
  • 過去の受注金額や、外注費用がすぐに見つからない。
  • お客様の納期問合せを即答できない。
  • 営業マンが、外出先で受けたお客様からの納期問合せに回答できない。
  • 毎朝、生産状況の打合せを行っているが、進捗確認に時間がかかる。

 

【導入クラウドシステム イメージ(簡易設計)】

生産管理(加工).gif

導入後の喜びの声
  • 複数人での同時書き込みができるようになり、効率が上がった。
  • 過去の受注をすぐに検索できるようになり、前回提示価格など過去の条件をすぐに確認できるようになった。
  • 生産の進捗具合を、現場担当者がiPadから入力できるようになった。
  • 工場長がパソコンから、作業の進捗具合を監視できるようになった。
  • お客様からの納期問い合わせに、事務員でも即答できるようになりました。
  • 営業マンが、外出先からiPadで生産進捗確認ができ、納期回答をできるようになりました。
  • リアルタイムに進捗状況が確認できるため、朝の打合せ時間が短くてすみます。

工事台帳(原価管理)クラウドシステム

工事台帳をクラウド化することによって大きなメリットをうみます。従業員は日報入力をiPhoneで行えることで現場で日報入力を済ますことができ、管理者は外出先からiPadで現場の状況を確認することが出来ます。

 

導入事例

業種:建設業(建築・土木工事、電気工事、塗装屋など)

導入システム:工事台帳 クラウドシステム

 

 

お客様の悩み事
  • 現場ごとの収支が把握できていない
  • 赤字になっている現場が分からない
  • 途中経過で、その現場にどれだけ経費をかけているか分からない
  • 社員がどこの現場に時間をかけ過ぎか分からない
  • 社員のコスト意識が足りない
  • 得意先に対しての支払い漏れがたまにある
  • 資金がショートしそうになって焦る

 

 

【導入クラウドシステム イメージ(簡易設計)】

工事台帳1.gif

 

導入後の喜びの声
  • 日報入力がiPhoneからできるようになり、入力担当者がその場で入力できるようになり、効率が良くなった。
  • 日報を担当者が入力できるため、事務員の入力作業の手間が軽減されました。
  • 現場ごとに、かかっている経費がリアルタイムに把握できるため、管理者が的確な指示を出せるようになりました。
  • 現場ごとの粗利管理がリアルタイムに行えるため、赤字現場になる前に対策を打てるようになりました。
  • リアルタイムに数字が見えるため、社員のコスト意識が高くなりました。
  • 仕入先への支払い一覧が表示できるので、支払いを別管理する必要がなく、手間が軽減されました。
  • 期間を絞って、受注案件の請負金額の合計、未成工事の請負金額の合計、完成現場の請負金額の合計が表示できるため、経営計画に活用できます。

荷物管理・配達管理クラウドシステム

物流業では、荷物管理や配達管理などをクラウド化することによって大きなメリットを生みます。ドライバーが持ち出した荷物の状況を、事務所から確認することができます。また、ドライバーの現在地なども把握することが出来ます。

 

導入事例

業種:物流業

導入システム:荷物配達管理 クラウドシステム

 

 

お客様の悩み事

>>お客さんからの問い合わせに対して

  • 荷物が自社倉庫に入荷しているのか、
  • ドライバーが持ち出しているのか
  • 委託先に渡っているのか、
  • 持ち出したドライバーがすぐ届けられる場所にいるのか
  • 集荷にまだ来ていない

などの情報が、ドライバーに電話して確認を撮らないと分からない。

>>再配達の管理ができていない

  • ドライバーが持ち出しているのか
  • 自社の倉庫に戻っているのか

などの情報が、倉庫を確認しないと分からない。

 

 

【導入クラウドシステム イメージ(簡易設計)】

物流.gif

 

導入後の喜びの声
  • どの荷物を誰が持ち出しているのか、直ぐに確認できるようになりました。
  • ドライバーのおよその位置、配達状況が確認できるため、お客様からの問い合わせに即答できるようになりました。
  • 配達履歴などを、紙で管理することがなくなったので、ドライバーが送り状を紛失するなどのミスがなくなりました。
  • ドライバーはiPhoneで集荷リストを見ることができるので、集荷の情報を、その都度ドライバーに電話する必要がなくなりました。
  • 集荷リストのおかげで、集荷漏れのミスがなくなりました。
  • 急ぎの集荷依頼に対して、一番近くにいるドライバーを直ぐに見つけることができ、迅速な応対ができるようになりました。
  • ドライバーの携帯電話に連絡することがほとんどなくなり、通信費の削減につながりました。
  • 再配達の場合、前日と別のドライバーが荷物を持ちだしていても、履歴ですぐに確認できるようになり、荷物を見失うことがなくなりました。