iPhone・iPadの標準カレンダーとGoogleカレンダーを完全同期する方法

calnd.pnggoogle-calendar-icon(1).jpg

iPhone・iPadの標準カレンダーアプリとGoogleカレンダーを簡単に完全同期する方法です。

通常設定では、Googleカレンダーで表示されている共有されたカレンダーはiPhone、iPad側で表示されません。iPhone、iPad側で特別な設定をすることで、共有カレンダーも表示・予定の追加ができるようになります。
そして、共有カレンダーにそれぞれ振ってある『カレンダーの色』もしっかりと同期されるので、パソコンで見ているカレンダーと同じようにiPhone・iPadでスケジュールを確認することが出来ます。

 

 

iPhone(iPad)にGoogleカレンダーを追加する方法

(下記の説明はiPhoneの画面イメージです)


初めに、Googleカレンダーのアカウントを登録します。


calnd01.png

@[設定]アプリ ⇒ [メール/連絡先/カレンダー] ⇒ [アカウントを追加...] から『Google』をタップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calnd02.png

A

名前:空欄のまま
メール:Gmailのメールアドレス(@gmail.comまでしっかり入力する)
パスワード:Gmailのパスワード
説明:空欄のまま(自動的に入力される)

上記を入力したら画面右上の「次へ」をタップします。





 


 


calnd03.pngB設定が完了すると詳細画面が表示されるので、「カレンダー」をオンにします。

(メール・メモは必要に応じて設定してください。)

上記設定をしたら画面右上にある
「保存」をタップします。

アカウントの追加が完了です。







 


 

calnd04.pngC[設定] ⇒ [メール/連絡先/カレンダー] の下の方に「カレンダー」の欄があり、そこの「デフォルトカレンダー」欄で、設定したGmailを指定します。










 

 


※ここまでの設定では、共有カレンダーが表示されません(自分のスケジュールしか管理できません)

下記の設定を行うことで、iPhoneやiPadでもGoogleカレンダーの共有カレンダーを表示・予定追加できるようになります。



全てのカレンダー(共有カレンダー含む)を同期対象にする設定方法

 

 @iPhone・iPadの [Safari] から以下のURLを打ち込みます。

 http://www.google.com/calendar/iphoneselect 

 

calnd06.png

AGoogleカレンダーの同期設定画面が表示されます。

同期したいカレンダーにチェックを入れます

(『共有カレンダー』の欄に、他の人が作成した共有カレンダー名が表示されているのでチェックを入れます。)


設定が完了したら、画面右下にある「保存」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

calnd07.png

B標準カレンダーアプリ内の画面下部にある「カレンダー」を見ると、googleカレンダーが追加されています。